ウェブサイトのカラーを決める参考に 前編

ウェブデザイン

WEB PLANNERSでは、お客様自身にテーマカラーを決めて頂いています。(お任せも可能です。)
テーマカラーはそのウェブサイトの印象大きく左右します!!

例えば運営されているお店の色だったり、会社のテーマカラーがあればもちろんその色で仕上げるのが望ましいでしょう。
実際のお店や商品の雰囲気とウェブサイトの色合いを合わせることでブランド力が上がります。

まだ決まっていない、これから決めるという方はこれから上げる色による効果を参考にしてみてください。

レッド

強いインパクト、興奮、情熱、エネルギッシュ
かなりインパクトが高い色で、サイト全体のテーマカラーではなくアクセントに使用するのもありです。
カラーセラピー的には”あたたかさを感じる色”だそうです。

オレンジ

活発、元気、楽しい
サイト全体が明るくなる色合いで、カジュアルで親しみやすいイメージになります。
カラーセラピー的には”不安や抑圧から解放する”だそうです。
ECサイトで「購入する」のボタンがオレンジが多く使われるのはそのせいでしょうか。

イエロー

明るい、陽気、若々しさ、無邪気さ
こちらも明るいイメージに仕上がる色です。赤と並んで子どもが最も好む色だそうです。
カラーセラピー的には”知性を刺激する色”で左脳の回転をよくするらしいです。
黒との相性がよく、黄色×黒のウェブサイトもよく見かけます。

グリーン

リラックス、癒し、穏やか、健康
カラーセラピー的には”バランスと安らぎの色”だそうで、もっとも刺激の少ない色とされています。
ウェブサイトでは優しいイメージになります。
環境に関わる企業や健康食品系のウェブサイトなどに多く見られます。

少し長くなりましたので、他の色は次回紹介していきたいと思います!!